アメイズ


ジャンル記憶系迷路ゲーム
ハードボードゲーム
プレイ人数一人
発売時期(再販)2017年
メーカーシンクファン
国内発売元キャストジャパンインク
価格1980円
梱包内容タッチペン付きボード1枚取り扱い説明書


概要


アメイズは、「ラッシュアワー」や、「ホッパーズ」など、立体を用いた様々な頭脳系ゲームを製造してきた、アメリカの「シンクファン社」が開発したゲームの一つである。 本体表面にかたどられた迷路上にタッチペンを滑らせ、ゴールを目指すことを目的とする。迷宮内に存在する23ヶ所のドアを開閉することにより、ルートが様々に変化する。


本体形状と、各部の使い方


ボードは、おおよそ正方形をしており、表面に迷路が立体的にかたどられている。

タッチペンはボードにひもで固定されており、ゲームをしない時は右上の角にあるペンホルダーに収納できる。

迷路のスタートポイントは、右上角、ゴール地点は、右下角である。

迷路内のところどころには、ドア(左右に動く壁)が設置されており、ゲーム中はこれをタッチペンで押しのけて進むことができる。 なお、ゲーム中にこの壁を手で操作してはいけない。 すべてのドアは、迷路内の4カ所に設置された横長のスライダー上にあり、一つのドアを動かすと、同じスライダー上にある他のドアも連動する仕組みとなっている。 レベルを進めるにつれてドア操作の回数も多くなり、操作手順を誤ると、無駄な遠回りを強いられたり、特定のエリアに閉じ込められて出られなくなることもあるため、 連動パターンと、それに伴うルート変化のパターンの記憶が不可欠である。

迷路左側に、縦に4つの横スライド型スイッチが並んでいるのは、レベルスイッチである。 このスイッチを左右に動かすと、同じスライダー上にあるすべてのドアが左右に連動し、組み合わせ方によって16通りのミッションを楽しむことができる。 スイッチを操作するためには、爪楊枝のような先のとがったものが必要だが、同じスライダー上にあるドアを手で動かして調整することも可能である。 各レベルにおけるスイッチの組み合わせ方の詳細については、後述する。


全ミッションクリア後の遊び方の例


迷路自体の難易度がそれほど高くないため、全てのミッションをクリアするまでには、それほど時間は要さないはずである。 全クリア後にオリジナルの遊び方を考えて遊ぶと、更にゲームの奥深さを感じることであろう。

一つの例を紹介する。

ミッション1から16までを、可能な限り少ない所要時間で連続して行うタイムアタック。

この遊び方だと、記憶力と集中力が重要なポイントとなる。

一か所のドアを開閉することによって生じる、離れた場所におけるルートパターンへの影響をしっかり覚えておかないと、思わぬタイムロスが生じるため、注意しながら行う必要がある。


ミッション設定


各ミッションにおける四つのスイッチの左右位置を、上のスイッチから順に記す。 なお、この情報は、ボード裏側に図で記されているものを参考にした。

ミッション1 -- 右、左、左、右

ミッション2 -- 左、左、左、右

ミッション3 -- 左、右、左、右

ミッション4 -- 右、右、左、右

ミッション5 -- 右、右、右、右

ミッション6 -- 右、左、右、右

ミッション7 -- 左、右、右、右

ミッション8 -- 左、左、右、右

ミッション9 -- 右、右、右、左

ミッション10 -- 右、左、右、左

ミッション11 -- 右、右、左、左

ミッション12 -- 右、左、左、左

ミッション13 -- 左、右、右、左

ミッション14 -- 左、右、左、左

ミッション15 -- 左、左、右、左

ミッション16 -- 左、左、左、左 


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/アメイズ?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊んだ 0  


おもちゃ・ホビー・アナログゲーム


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-14 (木) 00:03:56 (1d)