Dies irae ~Amantes amentes~


ジャンル学園伝奇バトルオペラADV
対応機種PSP / PS Vita / Vita TV
ブランドlight
ダウンロード版入手先PlayStation Store

アクセシビリティ情報簡易表記

  1. 主人公含めフルボイス
  2. PSP版についてはカーソル移動音あり


概要

本作は、画面に表示される文章を読みながら中途現れる選択肢を選び、エンディングのコンプリートを目指すタイプのアドベンチャーゲームである。


ストーリー

1945年、5月1日……ドイツ。 陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた。 彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた。 その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない。 彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく。

聖槍十三騎士団——時代の闇が生んだ超人たち。

彼らはいずれ戻ってくる。 そのとき世界は破滅する。 ゆえに、再来を許してはならない——と。

そして61年の歳月が流れた。 彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた。 しかし——

2006年……日本。

諏訪原市の学園に通う藤井蓮は、とある事件を境に親友・遊佐司狼と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた。

季節は秋から冬に——クリスマスを間近に控えた12月。

半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。 失ったものは戻らない。ならせめて、今この手にあるものを大切に……と。

だが、それすらも崩れ去る。

夜毎見る断頭台の夢。 人の首を狩る殺人犯。 それを追う黒衣の“騎士”たち。

常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。 その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。

変わらなければ、生きられない。 生き残らないと、戻れない。

加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。

何も大層なことを望んでいるわけじゃない。 正義や大義を振りかざしたいわけでもない。 ただ、還りたいだけ。 つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。

悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する。

この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う——と。

聖槍十三騎士団との戦い 狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き その果てに、蓮はいったい何を見るのか・・・

公式ソフトウェアカタログより一部引用


視力を用いずプレイ可能である要素 (PSP版)

  1. フルボイス演出
  2. 各所メニューのカーソル移動へ効果音が配されており、視力を用いない状態での環境設定、セーブ・ロード等が容易に実行可能。

タイトル画面の構造

以下、PSPダウンロード版について記す。UMD版については都度追記


カーソル移動音あり、上下循環あり。

  1. はじめから(カーソル初期位置)
  2. つづきから
  3. コンフィグ
  4. extra
  5. Install (UMD版のみ)

another storyへの入り方

本編を読み進めることで、前日団や後日談など、本編へ属さないサイドストーリーがプレイ可能となる。

以下、PSPダウンロード版について、当該メニューへのアクセス方法を記す。

タイトル画面で 上 丸 上 丸


ゲーム仕様と操作

  1. スタートボタン = オートプレイのOn/Off
  2. 選択肢移動は効果音あり、表示直後は何れも選ばれていない状態
  3. 四角ボタン = 既読スキップ (ボタンを押している間のみ有効)
  4. 三角ボタン = メニュー表示 横並び左右移動で循環構造。内容は左から順に
    セーブ(カーソル初期位置)ロードログコンフィグ終了

セーブ方法

  1. セーブはファイルを選び 丸 左 丸 セーブ終了後罰ボタンを2回

コンフィグ画面の構造

全てトラックバーのように値の上下を選び、右が大、左が小。

上下で項目移動、循環あり 左右で値変更 *1

項目は上から順に

  1. ウインドウ透過度(右ほど大きい)
  2. オートモード速度(右ほど早い)
  3. メッセージ表示速度(左ほど短い)
  4. メッセージスキップ:既読 総て (初期値 既読)
  5. システムサウンド音量(右ほど大きい 以下同様)
  6. BGM音量
  7. SE音量
  8. ボイス音量 (最大値を推奨)
  9. ボイスOn/Off個別設定

罰ボタンで設定を終了し、ゲーム本編への設定の反映が可能。*2


総評

凄絶な努力と、その努力の傾けられる方角の違いから来る衝突を美麗なバトルシーンの奥底へ据えた物語が展開される本作。

基本的に地の文にはボイスが無く、かつ序盤にはそうしたシーンが連続して配置されるため、視力を用いずプレイする場合に状況の把握を工夫する必要のある箇所が存在する本作であるが、中盤から終盤に掛けて行われる重層的展開、エンディングの到達量に応じて増加する追加シナリオ毎明らかとなる真実、充実の効果音演出から来る容易な状況理解などの諸要素から、最終的に視覚障害を有してプレイを行った時、読後の達成感を得られるクオリティとボリュームを有する作品である。

本作のUMD版はディスク2枚組と分量のある内容であり、一度プレイが開始された場合は末永く楽しめるタイトルでもある。


関連リンク


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/Dies irae ~Amantes amentes~?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊ぼうとした 1  
遊べないわけではなさそうだと思った 1  
遊んだ 1  
遊べた 1  
遊ばれた 1  
遊ばされた 0  
全てのエンディングを観た 1  
ベルリンへ行きたくなった 0  
ラインハルト=オイゲン=ハイドリヒに興味がわいた 1  


*1 値変更時に音が鳴らないため操作時注意されたい
*2 各所音量やメッセージ表示速度などはLRボタンで値を大きく5段階に変更可能であり、大きな変更をLR、細かな変更を左右キーで行うことで効率良い設定変更が可能となる。

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-07 (日) 20:51:00 (719d)