Dies irae -Acta est Fabula-


ジャンル学園伝奇バトルオペラADV
対応機種Windows
ブランドlight
体験版入手先[Download]Dies irae~Acta est Fabula~
レーティングR18

アクセシビリティ情報簡易表記

  1. 主人公含めフルボイス
  2. 各種メニューUIへのカーソル移動音、決定キャンセル音等システムSEの配置
  3. ゲーム本編・タイトル画面に配置されたショートカットキーによるゲームシステムへのアクセスへの対応
  4. レジストリへのアクセスによる、スクリーンリーダーでの環境設定の手動変更が可能
  5. 本編中選択肢のカーソル移動音 なし


概要

本作は、画面に表示される文章を読み、中途現れる選択肢を選びエンディングの変化を目指すテキストアドベンチャーである。


ストーリー

1945年、5月1日……ドイツ。 陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた。 彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた。 その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない。 彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく。

聖槍十三騎士団——時代の闇が生んだ超人たち。

彼らはいずれ戻ってくる。 そのとき世界は破滅する。 ゆえに、再来を許してはならない——と。

そして61年の歳月が流れた。 彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた。 しかし——

2006年……日本。

諏訪原市の学園に通う藤井蓮は、とある事件を境に親友・遊佐司狼と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた。

季節は秋から冬に——クリスマスを間近に控えた12月。

半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。 失ったものは戻らない。ならせめて、今この手にあるものを大切に……と。

だが、それすらも崩れ去る。

夜毎見る断頭台の夢。 人の首を狩る殺人犯。 それを追う黒衣の“騎士”たち。

常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。 その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。

変わらなければ、生きられない。 生き残らないと、戻れない。

加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。

何も大層なことを望んでいるわけじゃない。 正義や大義を振りかざしたいわけでもない。 ただ、還りたいだけ。 つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。

悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する。

この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う——と。

聖槍十三騎士団との戦い 狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き その果てに、蓮はいったい何を見るのか・・・

PSP版公式ソフトウェアカタログより一部引用


レジストリを用い、視力を用さず環境設定を行う方法

レジストリエディタを開き、

HKEY_CURRENT_USER\Software\light\Dies irae -Acta est Fabula-

へアクセス。*1

続いて右カラムに表示されるDWORD値を設定することでゲーム本編のプレイ環境を任意の内容へ変更可能となる。


準備

体験版、もしくは製品版のプレイを開始する。

本動作によりレジストリへ環境設定値が書き込まれる。

この後に一度ゲームを終了し、以下のレジストリ値を反映の上で再度プレイを開始することにより、特にオートプレイ時の円滑な動作が実現されるものである。

なお、ゲーム開始直後の「例えば己の一生が全て定められていたとしたらどうだろう」から続く語りについてはデモシーン(ムービー扱い)であるため、以下の環境設定による音量変更の影響を受けないため注意されたい


視力を用いないプレイを想定した各種推奨設定値

まず、

HKEY_CURRENT_USER\Software\light\Dies irae -Acta est Fabula-

へアクセス。右カラムへ以下の設定値を入力。

AutoDefaultWaitTime?0
InputComment?FALSE
MessageSpeed?9
SkipSpeedHigh?TRUE
SystemSEVolume100

続いて HKEY_CURRENT_USER\Software\light\Dies irae -Acta est Fabula-\Sound

へアクセス。右カラムへ以下の設定値を入力。

BgmVolume?50
EffectVolume?70
MovieVolume?80
SystemSEVolume40
VoiceVolume?100

セーブ方法

上記レジストリ設定を反映の上、ゲーム中以下の操作となる。

  1. Sキーを入力(セーブダイアログ出現 システムSEあり)
  2. エンターキーを2回(一度目でファイル選択、2度目で書き込み実行)
  3. 再度Sキーを押す(セーブダイアログの終了)

ロード方法

  1. Lキーを入力(ロードダイアログ出現 システムSEあり)
  2. エンターキーを入力

これにより、保存済みセーブデータからプレイ状況を復元可能


各種仕様

  1. ゲーム中選択肢での方向キー上下による移動を示すシステムSEのみなし*2
  2. 選択肢は上下循環ありの仕様

ショートカット操作 (ゲームプレイ時)

  • Aキー:オートモードOn/Off
  • Sキー:セーブダイアログ表示
  • Lキー:ロードダイアログ表示
  • コントロールキー:手動スキップ
  • Tキー:タイトル画面へ戻る確認のダイアログ表示、再度エンターキーで確定
  • エンターキー:文章手動送り、選択肢決定
  • ALT+F4キー:ゲーム終了確認ダイアログの出現(エンターキーにより実行)
  • Mキー:メニュー表示
  • Cキー:環境設定画面表示

ショートカット操作 (タイトル画面)

  • 方向キー上下:カーソル移動
  • エンターキー:選択中項目の実行
  • Pキー:prologue を実行(下記New Gameの前日談)
  • Nキー:New Gameの実行
  • Lキー:ロードダイアログ表示
  • ALT+F4キー:ゲーム終了確認ダイアログの出現(エンターキーにより実行)
  • Gキー:ギャラリー表示*3

総評

凄絶な努力と、その努力の傾けられる方角の違いから来る衝突を美麗なバトルシーンの奥底へ据えた物語が展開される本作。

地の文にはボイスが無く、かつ序盤にはそうしたシーンが連続する構成から視力を用いずプレイする場合に状況把握へ工夫を要する場合があるが、中盤から終盤に掛けて行われる重層的展開、エンディングの到達量に応じ増加する追加シナリオ毎明らかとなる真実、充実の効果音演出から来る容易な状況理解などの諸要素から、最終的に視覚障害を有してプレイを行った時、読後の達成感を得られるクオリティとボリュームを有する作品である。

本PC版についてはレジストリからの環境設定が可能であること、ゲームシステムに関わる部分へのシステムSEが豊富に実装されていること、オートモードでプレイした際の地の文の進行速度が速いことからこれもやはり、視力を用いないプレイに適した環境が構築されていると云える。


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/Dies irae -Acta est Fabula-?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊ぼうとした 1  
遊べないわけではなさそうだと思った 1  
遊んだ 1  
遊べた 1  
遊ばれた 1  
遊ばされた 0  
全てのエンディングを観た 1  
ベルリンへ行きたくなった 0  
ラインハルト=オイゲン=ハイドリヒに興味がわいた 1  


*1 体験版のプレイである場合はキー名が HKEY_CURRENT_USER\Software\light\Dies irae -Acta est Fabula- Web体験版 となるため注意されたい。以下同様
*2 方向キーでのカーソル移動自体は行われている
*3 体験版では利用不可

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 23:00:39 (60d)