Bop it(ボップイット)


ジャンル頭脳系リズムゲーム
ハード本体内蔵型電子ゲーム
メーカーハズブロ
発売時期2008年
日本語版発売元バンダイ
日本語版発売時期2014年


概要

本品はサイモンシリーズと共にHasbro社を代表するブレインゲームシリーズの一つである。

音声による指示通りに形・色・操作方法の異なるスイッチを操作する。

プレイ人数は一人から無制限であり、パーティーの場での利用が可能。

プレイヤーはロックのリズムに乗り出題される音声の「ボピット」(Bop it)「ねじれ」(Twist it)ひっぱれ」(Pul it)の指示に基づき本体各部を操作する。

ミスをする、リズムに乗り遅れることでゲームオーバーとなる。

本品はシリーズ化され、2…3年感覚で定期的に新作が発売されている他、PSP用のフリーソフトや、iPhoneアプリとしても移植されたことがある。

中でも新たにボイスキャッチセンサーが搭載され「叫べ」(Shout it)のアクションが追加された2008年版が反響を呼び、日本においてもこの2008年版を基本にした初の国内版が2014年にバンダイから発売された。

本項ではその日本語版に基づいて説明する。


視力を用いずプレイする際工夫が必要となる場面

  • 操作部の色で出題されるケースが出てくるのであらかじめ色を覚えておく必要がある。

本体形状

  • 本体はおおよそラッパのような形をしている。
  • 中央にある丸い太鼓のような形状の白い押しボタンは「ボピット」の指示の時に使う。左右どちらのボタンを押してもよい。
  • その太鼓の手前に覆いかぶさる形でスライダーがありこれを下に押し下げることで緑色のマイクが現れる。この状態で「叫べ」の指示が有効になりマイクに向かい叫ぶと正解になる。*1
  • 本体天辺にはマウスピース型のひねり棒(黄色)がある。これは「ねじれ」の指示で操作する。
  • 本体下部には卵型の青いグリップが突出しており「引っ張れ」の指示で操作する。

モード

以下の三モードがあり、該当するスイッチを引くことで変更する。

  1. 一人でボピット:単独プレイモード。1ステージ100問のアンロックステージが3つありステージ1が「ボピット」「ねじれ」「引っ張れ」の動作指示ステージ2では色による指示ステージ3では効果音による指示が混在。*2
  2. みんなでボピット:一人が数問問題を解いた時点で効果音が出力され隣のプレイヤーの順となる多人数ゲーム。
  3. 体でボピット:臀部や腕でボピットスイッチを押す多人数モード。他のアクションもこなすこととなる。

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/Hasbro bop it(ボップイット)?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊んだ 0  


*1 叫ぶ動作を控えたい場合スライダーを上げておくことで出題されなくなる
*2 ステージ2と3の内容が言語版とは逆になっている。

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-07 (木) 09:57:49 (44d)