アバロン


メーカー、アバロン社(フランス)

ジャンル、ブレイン系ボードゲーム

プレイ人数、二人



概要


アバロンは、フランス人のミッシェル・ラル(Michel Lalet)とローラン・レヴィ(Laurent Levi)によって考案されたゲームで、2色に分けられた28このガラス玉(マーブル)と、61の穴の空いた六角形のボードを使って遊ぶ。 自プレーヤーのマーブルで1直線の列を作り、相手マーブルを盤外(ボードの縁側にある溝)に押し出すことを目的とすることから、「玉の押し相撲」とも呼ばれている。


遊び方


  1. 二人のプレーヤーは、ボードを挟んで対面上に坐る。
  2. ボードの手前列の穴から、14この自分のマーブルを置く。初期配置は、手前列から、5個、6個、3個で、3列目両端の2個ずつの穴は、空升となる。これは、収納時の配列と同じなので、参照されたい。
  3. 黒のプレーヤーが先手となり、初回ターンで、任意のマーブルを3個同時に、垂直、または並行に1升動かす。
  4. 次のターンからは、任意のマーブルを、隣接した六つの穴の内、好きな方向に一升だけ移動させる。この時、2・3個の1直線に繋がったマーブルを、列単位で縦横に同時に動かすこともできるが、その際は、全てのマーブルを同じ方向に直線または平行移動させなければならない。なお、マーブルの数が4個以上の列を1度に動かしてはならないが、3個までを分離して移動させることは反則とはならない。
  5. 自分の列の延長線上に相手マーブルと隣接している場合、自分の直線移動とともに、相手のマーブルを列ごと1升ずつ進行方向に押すことができる。ただし、その隣接した相手よりも自分の動かすマーブルの列の方が長くなければならない。また、押される側の進行方向には、空の穴か盤外がある必要がある。
  6. 押された側のマーブルの移動先が盤外にかかってしまったら、そのマーブルを失うこととなる。
  7. どちらかのプレーヤーがマーブルを6個失った時点でゲームオーバー、ライフの残っているプレーヤーの勝ちとなる。

戦略のヒント


  1. ゲーム展開を早く進めるために、ピンチの際の防御策や、列の方向転換などを除き、可能な限り多くのマーブルを同時に動かすことを常に心掛ける。
  2. 自分のマーブルを、盤の縁に当たる穴に配置したままにしておくと狙われやすいので、なるべく盤の中央へ中央へと進めていく。

視覚補助情報


どちらかの色のマーブルにテープなどを巻きつけることで、色判別の代用となる。


注意点


  1. ガラス玉を使用するため、玉の落下には十分注意すること。視覚障害者が参加する場合は、六角形の外箱内にボードをセットし、箱内でプレーされることをお勧めしたい。
  2. 玉表面がデリケートなため、玉同市でこすれ合うだけでも傷がつくことがある。ゲームをしない時は、必ず収納トレイのカップ内に1個ずつ収納し、強い衝撃を与えないように注意されたい。
  3. 玉を、本ゲームの目的以外で極力使用しないこと。特に、子供の遊び道具として絶対に使用させないこと。


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-25 (月) 14:59:06 (87d)