クイキシオ


ジャンル対戦型スライドパズル
ハード木製ボードゲーム
メーカーギガミック
国内発売元キャストジャパンインク
梱包内容円形ボード1枚、立方体キューブ25個、布性キューブホルダー1袋、乾燥剤1袋、取り扱い説明書
プレイヤー人数2人


概要

クイキシオ(Quixo)は、フランスのボードゲームで、25個の立方体のキューブをスライドさせながら行う五目並べである。 キューブは、6面の内4面が白い空キューブであり、残る2面は、それぞれ黄色と青に配色されている。黄色面にはマル、青面にはバツのマークが掘られており、触知が可能であるため、視覚に一切頼らずに遊ぶことが可能である。このゲームには、大小2つのサイズがあり、ミニサイズ版に関しては、マークの彫り下限が浅く細いため、木目との区別がしにくい。視覚を用いずのプレイには、大きいサイズか、2018年に発売されたプラスチック製のミニ版、「クイキシオ・ポケット」がお勧めである。

遊び方

  1. 円形ボードの中央にある大きな正方形のフィールドに、5×5列にキューブを配置する。なお、この時は、全てのキューブの上面を空キューブにして置く。
  2. ジャンケンなどで自分の色を決め、ターン1で、キューブ列の外周から好きなキューブを抜き取る。これが、自キューブとなる。
  3. 自キューブは、色の面を上にし、抜く前の位置と同列端(つまり角)のキューブの後ろに接するように置き、抜く前の位置に向かって押し込むようにスライドさせることで、列の端に割り込ませる。ただし、一度抜き取ったキューブを、そのまま元の位置に置くことはできない。スライド方法の詳細については後述する。
  4. ターン2以降では、外周にある自キューブか空キューブを抜き取り、同じように自色を上にして列の端に割り込ませていく。
  5. 上記の動作を繰り返す内、縦、横、斜めのいずれかで、同じ色のキューブを5個揃えたプレイヤーの勝ちとなる。

スライド方法の例

以下、キューブの位置を、縦をアルファベット、横を数字の座標にして記す。

例1 -- A1キューブを抜いた場合。

角に位置するキューブを抜いた場合は、次のような二通りのスライド方法がある。

  1. A2からA5までの横並びの4キューブを左に一つずつスライドさせ、 空白となったA5に割り込ませる。
  2. B1からE1までの縦並びの4キューブを上にスライドさせ、空白となったE1に割り込ませる。

例2 -- B5キューブを抜いた場合

角以外から抜いた場合、次のような3通りのスライド方法がある。

  1. B1からB4、つまり上から2段目の横並びの4つを右にスライドすることで、空白となったB1に割り込ませる 、
  2. A5を下にスライドさせて、空白となったA5に割り込ませる、
  3. C5からE5までの縦並びの3つを上にスライドさせて、空白となったE5に割り込ませる。

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/クイキシオ?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊べた 0  


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-16 (日) 21:56:23 (160d)