サイモンマイクロ(Simon Micro Series Game)


ジャンル記憶力ゲーム
ハード本体内蔵電子ゲーム
メーカーHasbro
プレイ人数無制限
発売時期2015年ごろ
対象年齢全年齢
動作環境単3アルカリ乾電池2本


概要

1978年に発売された電子ゲーム、「simon」は、全ての記憶系電子ゲームの基礎を築き上げたと同時に、視力または聴力の不自由な人であっても、障害を気にすることなく共に遊びを楽しむことのできる玩具の草分け的存在として、世界的に知られる玩具である。

年齢や国籍、性別などを問わず、40年余りにわたり広く親しまれてきた。

それぞれ異なる固有の音程のビープ音を持つ4つの光るボタンの光った順を記憶し、その通りにボタンを押す。 正解すると次の問題では、前に正解した問題の後に光を1つ追加したものが出題され、徐々に記憶量が増す。

これまでに多種多様のモデルが発売され続け、最近では技術の進歩によりタッチパネル化され、光ったランプの順番のみならず光の動きの記憶を求める内容のバージョンが主流となりつつある中で、本バージョンは久しぶりに発売された4ボタン式の「simon」である。

ただし、基本的には前作の「simon swipe」を基礎に開発されたとみられ、サウンドもそれと同じ音が鳴る。

ただ、本ゲームでは「スワイプ」動作がない代わりに、2個から4個のボタンを同時に押す問題が出題され、記憶力ゲームとしての難易度が比較的高い。

また、モード選択時、簡単な音声ガイダンスが流れ、これを頼りに状況を把握することが可能で、この音声には、同社が発売を続ける「bop it」の音声が使用されている。

本体形状と各部の使い方

本体は、原作の「simon」のUFO型をそのままポケットサイズにまで小さくした形をしている。 ただし、表面には配置方向を特定できる目印になるものがないため、裏面の4分割された円形の淵の内、特にざらざらしたブロックを目印にし、この部分が右手前に来るように配置する。

本体表面の丸い淵に沿って、その円を4分割する形で光る4つのボタンがあり、時計回りに左上が緑(音程は高いソ)、右上が赤(音程はミ)、右下は青(音程は低いソ)、左下は黄色(音程はド)である。本ゲーム機の操作は、全てこの4ボタンのみで行う。また、表面中央にスピーカーがある。

電池蓋は、裏面中央の丸くへこんだ部分で、緑ボタンの裏側にねじ穴がある。この蓋を開けるために、太いサイズの+ドライバーを使う。

ゲーム操作の流れ

  1. 電源が入っていない状態でいずれかのボタンを押すと、短いジングルが鳴って起動する。
  2. 「ソロ・パーティー」という音声が鳴るので、1人で遊ぶ「シングルモード」なら右上の赤ボタン、多人数で遊ぶ「パーティモード」なら左上の緑ボタンを押す。
  3. 「シングルモード」では、1ステージ、3から13問の、18ステージのステージに挑戦。ミスをするとゲームオーバーとなり、最初からやり直しである。コンティニュー機能はない。ビープ音の鳴った回数で得点を知らせる。このビープ音は、5の倍数で違う音を鳴らす仕組みとなっている。全ステージクリア時の得点は100点である。
  4. これまで最高の得点を出した場合はファンファーレが鳴り、ハイスコアが登録される。モード選択の場面で赤ボタンを長押しすると、ハイスコアを確認できる。
  5. パーティモードでは、数問の問題が出題されたあと、「パーティー」という音声に続けてBGMが鳴っている間に、本体ごと隣りの人に渡して、ターンチェンジとなる。
  6. 20秒間何も操作がないと、自動的に電源が切れる。

注意事項

  1. いずれかのボタンを押すと起動するという構造であることから、持ち歩く際には電池を抜いておくことを推奨する。なお、新品購入時、テスト電池が入った状態で梱包されている。
  2. 新品購入時に梱包に使用されていた紙パッケージは、一度開封すると使用できなくなるので、必要に応じて収納用のバッグなどを用意されることをお勧めしたい。

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/サイモンマイクロ(Simon Micro Series Game)?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊べた 0  


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-21 (月) 11:05:40 (21d)