ファイアーエムブレム Echoes もう一人の英雄王


ジャンルシミュレーションRPG
対応機種3DS
開発元インテリジェントシステムズ?
発売元任天堂
発売日2017年4月20日

アクセシビリティ情報簡易表記

  1. イベントシーンフルボイス。町や拠点でのNPCとの会話までボイスあり。
  2. シミュレーション部分は号令コマンドによるオートでの戦闘が可能。
  3. ダンジョン内は3dフィールドでのキャラ操作が必要。ストーリー進行上、避けられない部分あり、視力必須。独力でクリアするには3Dフィールドの脳内マッピングスキル必須。
  4. 町や拠点での移動はコマンド選択式。脳内でのマッピングが容易。
  5. カーソル移動音 あり。端で突き当たる仕様。


概要

本作は1992年に発売されたファイアーエムブレム外電のリメイク作品。イベントシーンがフルボイス化され、ゲームシステムも現代風にアレンジされている。

敵味方が交互に自軍ユニット*1をマス目で区切られたマップ上で動かし、索敵と戦闘を繰り返し、自軍の勝利を目指すシミュレーションRPGであるが、4つの号令コマンドを駆使することにより、オートで戦闘を行うことが可能。

シミュレーションパートの勝利条件がほとんどの戦闘で敵の全滅ということもあって、オートでクリアもさほど困難ではない。つまり視力なしでクリアしていくことも可能。


基本事項

  • ほぼすべての操作をボタン操作で行える。タッチスクリーンの利用を強制されるのは、ダウンローダブルコンテンツの購入時のみ。
  • メニュー選択時のカーソル移動音あり、端で突き当たる仕様。
  • はいいいえの選択の際は上がはい、下がいいえ。
  • 全ての友軍・敵軍ユニットにボイスが実装。シミュレーションパートでは、自軍ユニットを選択した時、戦闘アニメーションの最中、レベルアップ時、体力減少時等の状況変化をボイスから判断可能。

タイトル画面

ゲーム起動後、ムービーが再生されタイトル画面に移動。スタートボタンまたはAボタンでメニューを表示。

移動は方向キー、決定はAボタン。初期カーソル位置は続きからにフォーカス。初回起動時は初めからが選択される。

詳細なタイトルメニューの並び順は、タイトルメニューを参照

初めからを選択するとゲームの初期設定を行う。ここは開始後変更できないので注意。

まず、難易度選択、上がノーマル、下がハード。

次に戦闘モードの設定。上がカジュアル、下がクラシック。カジュアルは戦闘で自キャラが死亡しても撤退扱いになり、次の戦闘で復活する。クラシックは歴代FEのように一度戦闘で死亡すると復活できない。ただし、ゲーム内で復活の井戸などを利用すれば復活できないことはない。

続いて、「お知らせを受信しますか?」の確認ダイアログ。上がはい、下がいいえ。3DS本体をインターネット接続している必要アリ。

最後に「任天堂にユーザー情報を送信することに同意しますか?」のダイアログ。3DS本体がインターネットに接続している必要あり。同意しなくてもゲームを開始できる。

画面を見ずにプレイを進める場合、特にこだわりが無ければ、ノーマル→カジュアル→受信する→同意するの設定で始めるのが無難。


ゲームの流れ

今作では、アルムとセリカの二人がそれぞれが率いる軍隊を操作してバレンシア大陸を進軍していく。 従来のファイアーエムブレムシリーズが各章毎に用意された戦闘マップをクリアしていく形式であるのに対し、今作はワールドマップ上を進軍させるというRPG的側面が強調されている。

ゲームは、大きく4つのパートで構成される。

  • ワールドマップ: アルム軍・セリカ軍を操作して進軍する。敵軍と重なるように移動すると戦闘へ移行。村などの拠点に入ったり、ダンジョンにもぐることもできる。
  • 戦闘: シミュレーションパート。友軍と敵軍が交互にユニットを移動させるターン性。敵軍ユニットをすべて倒すと戦闘クリアとなる。
  • 拠点: 村や砦の中を探索するパートで、村人と会話したり、周辺を調べたりできる。メニュー項目を選ぶ形式。
  • ダンジョン: 3Dフィールドを自由に移動しながら、ほこらや洞窟を探索する。

主人公の一人であるアルムが住む「ラムの村」からスタート。村の中で情報や仲間を集め、ワールドマップに出て進軍を開始する。


視覚補助情報

号令コマンドについて

シミュレーションパートにおける戦闘時、以下の4つの号令コマンドを使用することによりオートでの戦闘を行うことが可能。

  1. 全力 全力で敵を攻撃する。
  2. 遊撃 現在できる行動で最も最適な行動を行う。
  3. 集合 主人公の周りに集合する。
  4. 後退 敵との距離を取り待機する。

これらのコマンドは行動を決定していないキャラに反映される。手動で行動しているキャラは含まれない。

全体のバランスを考えると、遊撃が最も適した動きを取ると言える。シスターや聖女などは回復もやってくれる。


号令コマンドの捜査について

号令コマンドを実行するには以下のように行う。

戦闘が始まったら、カーソルキーを上下左右どの方向でもいいので、何度か押す。これによりキャラ選択を外すことになる。

Aボタンを押し、メニューを出す。上から2番目の項目、ミラの歯車を手に入れてからは3番目の項目を選択する。

すると、下画面に上記4つのコマンドが出現。初期カーソルは全力にフォーカス。右が遊撃。下が後退、右下で集合をそれぞれ実行できる。


移動について

本作の移動は大きく分けて4つ存在する。

町や拠点: 話す、調べる、移動などのコマンドを選択することによって実行される。移動先は上下左右ある場合があるので注意が必要。町から出る場合は確認ダイアログが出現。

マップ: aボタンでキャラを選択し、カーソルで移動する。敵ユニットや町などに当たる場合は確認ダイアログが出現。移動すると足音がするのでマッピング可能。

戦闘: aボタンでキャラを選択、カーソルで行える。上記号令コマンドを使用する場合は自動で行われる。

ダンジョン: 3Dフィールドをスライドパットを利用して移動。スライドパットの左右入力で方向転換できる。Aボタンで坪や樽を壊してアイテムを入手。敵オブジェクトに接触すると戦闘に入る。ステレオ音響。


視力必須と思われる部分について

筆者がプレイした状況でどうしても視力必須でクリアに困難が生まれそうな点をいくつか挙げておく。なお、視力なしで4章まで到達できた。物語は5章構成。

町や拠点での調べるコマンド: 調べるを選択するとフリーカーソルモードになり、特定のオブジェクトをクリックしてアイテムなどを入手する。1章の南の砦で仲間を牢屋から救出する際、床に落ちているカギを拾い、牢屋から救出する。カギは画面の右下のほう、牢屋は調べるコマンド実行時の初期位置にある。それぞれ確認メッセージが表示されるので慣れればそれほど困難ではない。

ダンジョンでの移動: このゲーム一番の難点。3Dフィールドを移動するのだが、操作しにくいスライドパットを利用しなくてはならないことに加え、通過しないとストーリーが進行しないところもあり苦労するかもしれない。1章の解放軍のアジトなど。

クラスチェンジ: 各キャラは一定のレベルになると上位クラスにチェンジできるのだが、ミラ神像で行うことになる。このミラ神像はダンジョン内にありたどり着くのに結構な労力を使う。ただ、アルム軍は初期のダンジョン、盗賊の祠がわりとわかりやすい構造をしている。セリカ軍については修道院や神殿などの拠点にミラ神像があるので慣れれば容易である。


環境設定

メニューを表示し、マップ時、戦闘時は下から2番目の項目、拠点では一番下の項目を選択することで環境設定が行える。詳細は以下の通り、上下で項目選択、左右で設定する。

  • 戦闘アニメ オフ オン 字ユニット 字ターン
  • 補助アニメ オフ オン 自ターン
  • 戦闘予測タイプ 標準 簡易
  • ゲームスピード 速い 普通
  • AIのスキップ オフ オン
  • 自動ターン終了 オフ オン
  • 自動カーソル オン オフ
  • HPゲージ オン オフ
  • グリット オフ オン
  • カメラの左右回転 ノーマル リバース
  • カメラの上下回転 ノーマル リバース
  • BGM音量 右ほど高い
  • SE音量 右ほど高い
  • システムSE音量 右ほど高い
  • ボイス音量 右ほど高い。
  • 会話自動送り オフ オン
  • スピーカーモード オン オフ

セーブについて

本作のセーブは戦闘終了時、またはマップ画面でXボタンを押してメニューを出し、下から3番目の項目を選択することにより行える。

セーブ画面は3つのスロットから選択して行う。スロットを選択すると確認ダイアログが出る。


身支度におけるお任せ設定について

本作のアイテムはひとつだけ各キャラに持たせることができる。入手したアイテムは戦闘中であれば手に入れたキャラがすでにアイテムを持っている場合は道具袋に収納することになる。

アイテムを持たせる場合、メニューから身支度を選択する。メニュー一覧画面の上から2番目の項目が身支度。

キャラ一覧が表示される。該当キャラを選びAボタンを押す。

上から3番目の項目、お任せを選択すると、今のクラスや持ち物から自動でアイテムを選別してくれる。


鍛冶について

3章から手に入れた武器を金貨や銀貨を支払うことで精錬することができる。精錬していくと段階に応じて武器もグレードアップしていく。例 鉄の剣→矢印鋼の剣→矢印銀の剣→矢印勇者の剣→矢印レイピア。

鍛冶屋は3章以降の村にある。入るとBGMが変わり話しかけるとボイスがあるのでわかると思う。鍛冶屋でのメニューは以下の通り。

  • 武器を精錬する
  • 名を刻む
  • 名を消す
  • 換金する
  • 両替する

精錬するを選ぶと所持している武器が一覧で並ぶ。武器を選択すると強化する項目に移る。下の項目ほどより強く強化される。

武器が次の段階に進化した際、名を刻むかどうかのダイアログが出現。ここは少し特殊なのでキャンセルすることをお勧めする。

換金するを選ぶと所持アイテム一覧が並ぶ。アイテムを選び銀貨に換金することができる。この一覧画面は全てのアイテムが並んでいるので間違えて武器を売ってしまわないように注意が必要。

両替するを選ぶと二つの項目が並ぶ。銀貨を金貨に交換すると金貨を銀貨に交換する。

金貨に両替する場合、銀貨500枚で金貨1枚と交換できる。銀貨に交換する場合金貨1枚と銀貨100枚を交換する。後者のほうが間違いなく損してるので注意。


ダンジョンから脱出したい時は

もし、ダンジョン内で現在地がわからなくなり脱出したい場合は、Xボタンを押し、メニューを表示する。

1番下の項目、離脱を選択。キャラ一覧が表示されるので1番上の主人公を選択すると、全員ダンジョンから脱出できる。


各種メニュー構造と操作指針

タイトルメニュー

縦1列に項目が並ぶ。 左右キーで複数項目をスキップしてカーソルを移動できる。

  1. 続きから始める
  2. 最初から始める
  3. データコピー
  4. データ削除
  5. エクストラ

拠点系メニュー

拠点では、選択肢を選んで行動を決定する。 拠点に入ると以下4項目が横1列に並ぶ。

  1. 話す: 左右で話したい相手を選び、Aボタンで会話。
  2. 調べる: フリーカーソルで周辺を見渡し、Aボタンで調べることができる。詳細は下記。
  3. 移動: 拠点内の別の場所へ移動する。移動先が上下左右に並ぶので、Aボタンで決定。移動先の並び順は各拠点のマップによって不規則に並んでいるので、行き忘れが無いよう注意しよう。
  4. メニュー: いつものメニュー

Bボタンで移動、Rボタンで調べるをそれぞれ選択できる。


拠点系調べるの操作指針

ここでは、アナログパッドか方向キーを使って、カーソルを上下左右に動かし、周辺を調べることができる。 中には、食糧アイテムや武器だけでなく、ミラの歯車や記憶のかけらなどの重要アイテムも手に入る場合がある。

カーソル移動音はないが、上下左右の端で突き当たる仕様(SEなし)。ただし、ステレオ環境でプレイをしている場合、燭台や噴水などの音源が近くにある場所では、左右にカーソルを動かすたび音源の位置が変化するので、調べられるエリアの広さを把握できる場合がある。

(参考) 1章途中の拠点「南の砦」で広さを調べた限りでは、左端から右端までカーソルを動かすと、30回ほど動かすことができた。

何もないところでAボタンを押した場合も何かしらメッセージが出るので、全ての場所をくまなく探すにはかなりの時間がかかってしまう。

攻略サイトなどで拾えるアイテムを調べ、必要なものに絞って探索するといいだろう。

幸い本作では、各ユニットが1つまでしかアイテムを持てない都合上、装備品がない状態でもある程度戦えるよう成長する。また、敵を倒すことでも武器を入手できる場合があるので、レベリングをすれば拠点で武器を集めずともクリアはできる。


ワールドマップ操作指針

シミュレーションパートでの操作に似ており、操作したい友軍(アルム軍・セリカ軍)をAボタンで選択した後、移動させたい方向に動かす。

シミュレーションパートと異なり、友軍を移動させるとターンが経過する。第3章以降では、こちらが移動すると敵軍も移動してくるため注意が必要。

敵軍のいるマスに移動しようとすると確認のダイアログが表示され、「はい」を選ぶと戦闘に突入する。

友軍を拠点やダンジョンのあるマスの上に移動させてからAボタンを押すと、確認のダイアログが出現。「はい」を選ぶと中へ入ることができる。


ワールドマップメニュー

ワールドマップ上でXボタンを押すか、ユニットを選択していない状態でAボタンを押す。

  1. 並び替え
  2. 身支度
  3. ミラの歯車
  4. 通信
  5. セーブ
  6. 指南
  7. 環境
  8. リーダー交代(6章以降)
  9. もどる

ダンジョンの操作

3Dダンジョン内を進んでいく。

  • アナログパッド:移動。上下で前進後退。左右で方向転換しながら移動。
  • カメラ角度変更: 十字ボタン
  • Lボタン: カメラの向きをリセット。押し続けながら移動すると、キャラクターが方向転換しなくなる。
  • Aボタン: 剣を振る。草やつぼ、樽などを壊せる。宝箱や門扉を開く、落ちているアイテムを拾うなど。
  • BまたはYボタン: 走る。 Xボタン: メニュー表示

総評

イベントシーンがフルボイスということだが、名前のない村人にもボイスがあることからかなり力を入れたリメイク作品といえる。

SRPGにしては戦闘がスムーズでさほどストレスは感じなかった。メニューに高速モードなどもあるようなので利用すればかなりさくさく動くように思える。

本記事では視力なしでのプレイを想定し、最低限の項目のみ記載した。詳しい情報は攻略サイトなどを参考にされることをお勧めする。


攻略メモ

ゲームを最低限エンディングへ向けて攻略する際の攻略方法を記す。

各拠点では、ミラの歯車や記憶の欠片の落ちている場所を示した。

ダンジョンの攻略情報は、Lボタンを押しっぱなしにしてキャラクターが方向転換しないように操作することを前提に書き記した。

盗賊のアジト

  1. まっすぐ進む。
  2. 燭台の音が聞こえたら、右へ。
  3. 滝の音が聞こえたら前へ、2つの滝の間を前へ進むと女神像に到着。

解放軍のアジト

  1. まっすぐ上へ進む。
  2. 右側に燭台。通り過ぎる。
  3. 左右に燭台。前へ進むと門にぶつかり、Aボタンを押しても武器が触れないところまで行く。
  4. 後ろへ数歩戻り、右側へ。
  5. 燭台をいくつか通過したら、上へ
  6. 左から敵が来たら、左へ
  7. 左に進みながら上を目指していくと、クレーベトのイベント。
  8. イベント後、まっすぐ前へ進むと女神像。

一度女神像に入ったらすぐに脱出はせず、帰り際に入り口へのショートカットを開通させておく。

  1. 女神像を出たら、まっすぐ前へ進む。
  2. Aボタンを押して、門を開いておく。これで、入り口から女神像までまっすぐ進むだけでよくなる。

海の祠

  1. 入り口からまっすぐ進んでいくと女神像にたどり着く。
  2. 道中の草や木箱を破壊すると産後のかけらを入手できることがある。
  3. かけらは最低でも5個集めておくとソフィアの港でのクエストに使用できる。
  4. 草を切ったときに金貨以外のものが落ちる音がしたら珊瑚のかけらなのでAボタンで拾っておく。

ミラの神殿

  • 玄関に、ミラの歯車:左端、4マスほど下

森野村・民家2

  • 記憶のかけら:下1回、右4回の地点

ドゼーの砦

作戦室では、王家の剣を取るとフルボイスイベントが発生するので必ず拾うこと。

作戦室の小さな歯車は初期位置よりも右下にある。


ドルクの砦

  1. まっすぐ進む。右前方から湧き水のような音が聞こえてくる。
  2. 湧き水に沿うように数歩右へ移動し、左側の燭台と湧き水の間をまっすぐ前へ進む。
  3. 右手奥から2つ目の湧き水の音が聞こえてくる。
    • 湧き水の真横まで進み、左斜め前方向にスティックを倒すと足音が地面を踏みしめる音に変化する。
    • ここで足音が床タイルの音から変わらない場合は奥の木箱があるだけのエリアに踏み入っている可能性があるので、少し戻ってやり直す。
  4. 土・地面・土…と何度か足音が変化し続けるが、一本道なので上方向を目指して進んでいくと、迷いの森へ抜けることができる。

迷いの森

道が複雑に入り組んでいるようで、確実な攻略ルートは見つからなかった。以下の情報を参考にしつつ、何度もリトライすること

  1. マップした端の左側(南西)の地点からスタート
  2. 東西南北の出口は、すべてミラ神像に繋がっている。
  3. 目的地である賢者の里は、マップ北東。
  4. 迷いの森では、東西と南北があべこべ。東へ進むと西の出口へ、北へ進むと南の出口に通じているようである。
  5. 左上を目指して進んでいく。
  6. 泉の音が聞こえてきたら正解。泉の音源からやや左へ進み、上方向が里への入り口。

森の中には音源がないため、先へ進んでいるかどうかの判断がむずかしい。 そこで、敵の移動音やAボタンで草を切れるかどうかを判断材料にする。


ドーマの塔

4フロアからなるダンジョン。途中に中継地点のようなものがないため、方向を見失わないよう細心の注意を払って操作をすること。

1fは、入り口から見て、階段は右上方向

  1. まっすぐ進む。途中、魔導士が右から左へ歩いていく足音がするが、壁の向こう側にいるため発見されることはない。この魔導士と戦闘できれば、最初の部屋を抜けたことになる。
    • 二つの燭台の音が左右から聞こえるところで進行が止まる。
  2. 右斜め下方向へ戻りつつ右方向へ抜ける通路を探す。
    • 途中、燭台を一つ通り過ぎるので、そこから上方向へ少し進む。
    • ここで剣を振ると、先ほどの魔導士に発見されるので、戦闘する。
    • *この時、先手を取ろうと敵の方向を向いて剣を振ると、戦闘終了後のカメラ方向が変わってしまうので、必ず上方向にスティックを倒したまま戦闘を開始すること。
  3. ここから、一度間違いルートの説明をする。
    • 魔導士を倒してから上方向へ進み、右へ向かう通路がある。途中、燭台を2・3個ほど通り過ぎていくと、運を高められる泉にたどり着く。
    • ただし、ここから次の階層へ進むことはできない。会談へ向かう通路は、この部屋の周囲を囲んでいるような構造。
  4.  3.の部屋を下から反時計回りに迂回するように進む通路を探していく。
    • 上へ進むのではなく、右斜め下方向へ進んでいくと、燭台の音が聞こえなくなる。
    • ここから右~上~~っと進んでいく。
    • 途中、泉の音が左方向から聞こえてきたら、3.の部屋の外側を進めていることになる。
  5. 燭台の音を目印に、今度は左方向へ(3.の部屋の上側にいると推定)進んでいくと階段付近にたどり着けるはずである。
    • 会談の前の敵シンボルは、こちらが剣を振ると鎧の音を発するので、それを頼りに接近していくといいだろう。
  6. 敵シンボルを倒したら、まっすぐ上へ進み2階へ。

2Fは、基本的には、上を目指して進んでいくと3階への階段にたどり着く。

  1. 上方向へ正解の通路を進んでいると、ガーゴイルの群れとの戦闘になる。
  2. ガーゴイル撃破後、疲労回復の泉があるところへでる。ので、左方向へ抜ける。
  3. さらに進むと、ガーゴイルの群れと再選。
  4. 階段付近に近づくと、魔物の唸り声が聞こえてくる。会談前の敵シンボルは、一定間隔で唸り声を発しているので、それを頼りに接近していくといいだろう。
  5. 敵シンボルを倒したら、まっすぐ上へ進み3階へ。

3fも、2fと同じように、上を目指し進む。 階段付近では、左から矢が飛んできて不意打ちからの先頭になる可能性があるので注意。 会談前の敵シンボルを倒したら、2つの燭台の間を上へ抜け、4階へ。

4fは最後のダンジョンフロア。

  1. まっすぐ上方向へ進むと、魔導士との戦闘になる。
  2. これは間違いルート。さらに上へ進むと、DEFを高める泉があるが行き止まり。
  3. 泉へ向かう手前で、左方向へ抜ける通路がある。左側の燭台の音が目印になる。
  4. さらに敵と戦闘。
  5. 通路の途中で上方向へ進んでいくと、敵シンボルの音が聞こえてくる。
  6. 階段付近で敵シンボルを倒したら、まっすぐ上へ。屋上へ抜ける。

リゲルの村

ジークを仲間に:移動先指定時に、右上角の民家を選択。カーソルがなかなか移動しないので、右下から上へ入力するようにする。

村入り口に記憶のかけら。(右4回)


リゲル城内部

記憶のかけら:ラストダンジョン入り口前(5章開始直後のエリア)で調べる。2マス下


ラストダンジョン

ラストダンジョンに入る前に、セーブデータを必ず分けておくこと。

ラストダンジョン入り口通路

10歩ほど上へ進み、そこから左に進む。ある程度左に進んだら、上へ抜けるとイベント。

話す・調べるが可能に。

「調べる」2マス下に記憶の欠片

このタイミングでラスダン用のセーブデータを分け、セーブしておく。 以後は、次のボス戦が終わるまでセーブできないので注意。


ラストダンジョン内部(1フロア目)

  1. 少しずつ左にそれながら、上を目指し進んでいく。
  2. 敵シンボルとの戦闘。上向きの状態で敵シンボルとエンカウントできる。
  3. さらに上・左方向へ進んでいくと、鎧の敵とガーゴイルのシンボルが接近してくる。
  4. 敵と戦闘後、さらに上へ進むと次のマップへ。
    • *この時、燭台の音が中央に来る一で上へ進むと先へ進みやすい。

ラストダンジョン内部(2フロア目

  1. まずは左へ進む。燭台の音を一つ通り過ぎるまで進む。
  2. そこから上方向を目指して進んでいくと、再開イベント。
  3. イベントが終了すると、すぐに移動パートになるので、方向を見失わないように注意。
  4. 正面の祭壇からは常に効果音が発生している。
  5. 左方向へ進んでいくと、魔女の敵シンボル。
  6. 戦闘後、さらに左・上方向を目指し進んでいくと、もう1度会話イベントが発生。
  7. イベントが終わったら、左右の燭台の間を通って上方向へ。しばらく進むと、第5章開始直後のイベント同様、燃え盛る炎のような音が聞こえてくる。ここで、因縁のイベント戦闘。
  8. 戦闘に勝利すると、ここでやっとセーブを残すことができる。

ラストダンジョンイベント戦闘の直後から

移動開始直後、記憶の欠片がほぼ真正面に落ちているが、スティックが少しでも斜めに傾いてしまうと拾うことができない。そこで、剣を振っている間は少しずつ前へ移動していくという仕様を逆手に取り、Lボタンを押したままスティックには触れずに、Aボタンを3回ほど押すことで「記憶の欠片」を拾うことができる。

  1. 炎の音から右方向へ抜ける道を探す。
  2. 2つの敵シンボルが近くにある。妖術師の敵シンボルと無音の敵(魔女?)。
  3. 妖術師の敵シンボルを倒したら、上へ進み、左方向へ。燃え盛る炎の音の裏側を抜け、左へ行くイメージ。
  4. 4つのワープパネルが2*2のように配置されている。
    • ここで左上のワープパネルに乗ること。
    • パネルに近づいてAボタンを押すと、確認のダイアログが出るので、「はい」を選んで次のフィールドへ。
    • ここで間違ったパネルに乗ると前のマップからやり直しになってしまい場所を見失ってしまうので、リセットをかけること。
    • 正解すると、左右に燭台の音がしないマップに出る。
  5. 次のマップでは、ひたすら右を目指して進む。
  6. 1つ目の燭台を超えたところで戦闘。
  7. 二つ目の燭台を超えたところでも戦闘。
  8. 右上を目指して進んでいくと、再び4つのワープパネル。
    • 右下が正解。
    • 正解すると、左右に燭台のあるエリアにつく。
    • 失敗すると、ひとつ前のワープパネルのエリアへ戻される模様。
  9. まっすぐ北へ
  10. 祭壇にたどり着く。ここでまだ先へは進むことができないが、セーブができるので、セーブを残しておくこと。

アルムの試練へ

祭壇を出る(祭壇が後ろ側にある状態)から説明を開始する。

アルムの試練への入り口は、祭壇の間右にあると考えてよい。

  1. 上→右→下と進むと、すぐに試練の入り口にたどり着く。
  2. 初回はイベントが発生。
  3. イベント後、上へ進んでいき、Aボタンを押すと扉が開く。
    • ここからは、3つのエリアで、各エリアにひとつづつある敵シンボルと戦闘をしていく。
  4. まっすぐ上へ進んでいけばいい。
  5. 最奥でイベント。
    • イベント後は、立ち位置や向きもそのままなので、後ろに引き返す。
    • ただし、マップが切り替わると、マップに入ってきた側の入り口を背にして立つ形になるので注意。
    • つまり、最奥の部屋では下へ進むが、3つの戦闘部屋を戻る時には、上方向へ進んでいくことになる。
  6. 3つの部屋を抜けたら、先ほどとは逆の手順(上→左→下)の順にすすみ、祭壇へ戻ること。


コメントフォーム

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 発売前から注目していて、プレイしたいと思っていたタイトルだったので、この記事を読み感激しました!買ってみようかなあ。3dダンジョンのプレイはやはり難しいですか? -- mm? 2017-05-25 (木) 19:17:17
  • 確かに3Dフィールドのダンジョンは厳しいです。通過しないとストーリーが進行しないところもあるのでそこがネックかもしれないです。ただ、常にというわけではないのでそこさえ突破できればある程度は楽しめると思います。 -- フリオニール? 2017-05-26 (金) 09:53:14
  • feエコーズ遊んでますが、ダンジョン探索をしないと進めないところがあるので、視力がないと苦労しますね。と言うわたしも視力に障害をもっているので、たいへんですが。ちなみに、現在はセリカ編4章まできましたが、ダンジョン探索を必要とするところまできてます。あと思ったことが、号令コマンドを使っていると、ある一定のキャラ(敵として出てきて生存させることが加入条件となっているキャラ)は、号令コマンドだと、戦闘すると反撃や敵ターンで倒してしまう場合があるので、視力を必要とするところだなあと、個人的に感じました。 -- ファイ? 2017-05-29 (月) 20:08:01
  • 3Dフィールドの移動は障害物などにぶつかったときに足音がしなくなる仕様だとある程度マッピングも可能かとは思いますね。生存させたままクリアしなくてはならない戦闘ですが、自分は何回か挑戦してうまくいきました。まず、対象キャラがワープで接近してこないことが絶対条件で、移動力のあるキャラがある程度強くなっている必要があります。こちらは魔戦士ループしたロビンの弓でうまくいきました。ボスを倒せば他の敵がいても対象キャラはいなくなります。 -- フリオニール? 2017-05-29 (月) 21:28:18
  • フリオニールさん。ありがとうございます。自分は、間違ってセーブしちゃって取り逃がしたので、クリアしたらもう1回遊んで加入させたいと思います。ある程度はマッピングできるバランスになってますね(セリカ編4章で行くことになる森はどうかわかりませんが) -- ファイ? 2017-05-30 (火) 06:38:21
  • 続きです。ただ最初はどこもそうですが、視力がないときついなあと思いました。あとは調べるときのカーソルが視力ないときついですね。調べることによって話が進む場所もありますから。あと食べ物や武器といったアイテムもありますしね。 -- ファイ? 2017-05-30 (火) 06:44:15
  • 1章の砦ですね。慣れないうちは最初結構苦労しました。攻略サイトを見ながら画面を何等分化に分割して手当たり次第に調べています。何回か最初からやり直したことがありますが、できるようになりました。 -- フリオニール? 2017-05-30 (火) 11:47:22
  • あと、記事を追加しておきますが、号令で魔法ユニットは初期のファイアしか使ってくれないんですが、1度主導で魔法をつかってやると、号令で支持するとその魔法を使ってくれるようでもあります。 -- フリオニール? 2017-05-30 (火) 11:53:49
  • 今更ですが、FEECHOESを購入しプレイしました。何とか最後までクリアできたので、その時の攻略メモを追記させていただきました。音楽・フルボイス・アニメーションムービー、どれもハイクオリティ!こんなにドラマティックなSRPGを自力でクリアできたのは初めてだったので、エンディングを迎えた時には、涙腺崩壊するくらいの感動物でした!Wikiの情報に感謝です!フリオニールさん、本当にありがとうございました。 -- MM? 2018-03-16 (金) 17:52:17
お名前:


投票フォーム

選択肢 投票
プレイしたくなった 1  
プレイした 1  
クリアした 1  


*1 将棋・チェスでいう『駒』に相当

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-16 (金) 17:37:00 (121d)