実況パワフルプロ野球2016


ジャンルスポーツ?
対応機種PS4 PS3 PS Vita
メーカーコナミデジタルエンタテインメント
開発パワプロプロダクション
ダウンロード版入手先PS4 PS3 PS Vita

  • アクセシビリティ情報簡易表記
  1. 設定を行うことでペナントモードのプレイが可能
  2. SENオンラインストアよりスクリーンリーダーによるダウンロードコンテンツの購入が可能


概要

実況パワフルプロ野球2016とは、1994年よりコナミデジタルエンタテイメントより販売される野球ゲームシリーズの2016年度対応版であり、実況による状況説明と実名での選手・球場の収録を特徴とする。

同作に含まれる「ペナントモード」について、各種設定を調整することで視力を用いずにプレイが可能であるためその詳細を記す。


ペナントモード

ペナントモードとは歴代シリーズに搭載されている機能のひとつで、守備や打撃などをオート設定にすることで視力を要さず任意の球団でペナントレースのプレイを楽しめるものである。

近年のパワプロシリーズであればネットワークアップデートにより最新の選手データが無料で配布され、実名の選手が登場する。

臨場感ある実況と演出で交流戦、クライマックスシリーズ、ニッポンシリーズまでプレイ可能。

オートモードの設定には視力必須だが、1度設定してしまえばどの球団を選んでも反映されている。


オート設定方法と設定できる項目

メインメニューのアレンジ、マイ設定、オプション設定で設定が可能。ここで設定したオプションはペナントだけでなく対戦にも反映される。

設定できる項目は投球、守備、走塁、打撃、監督などオートに設定するとすべて自動で行動される。。


視力を用いずプレイする際推奨されるオート設定

ここでは初稿筆者の体験を基に、オートプレイの際視力を用いない場合に推奨される設定を記す。

打撃、守備、走塁、監督をオートにする。

こうすることによって攻撃時は野球観戦しているような感覚で観戦し、守備時は投球のみをマニュアルでプレイする。

守備と走塁が最も難しいプレイなのでこれをオートにし、プレイを円滑にする。

また選手交代のタイミングが図りづらいこともあり監督をオートにする。

打撃に関してはオートのほかに(ふるだけ)という設定もあるのであるいは試してみるのも面白いかもしれない。


投球方法

投球は方向キーまたは左スティックで球種を選択し、罰ボタンで行う。

まず球種を選択し、罰ボタンを押す。ピッチャーがモーションに入っている間にコースをカーソルキーまたは左スティックで決める。球種と方向の組み合わせは以下の通り。

  • 上 ストレート
  • 右 スライダー
  • 左 シュート
  • 下 フォーク、チェンジアップ系
  • 右斜め下 カーブ
  • 左斜め下 シンカー

総評

最新の実況パワフルプロ野球2016において、2017年4月下旬に、2017年の開幕データが無料配布される模様。

投球はかなりの修練が必要。最初は打たれまくると思われるのでCOMの難易度を下げることをお勧めする。

※本情報はかなりの抜けがあるので、情報をお持ちの方は詳細、追記をいただけますと幸いです。


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/実況パワフルプロ野球2016?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 1  
遊んだ 2  
ペナントモードで日本一になった 1  


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-17 (月) 03:42:45 (86d)