Little Aid


ジャンル女性視点恋愛アドベンチャー
対応機種PSP/PS2 (ダウンロード版はPS Vita Vita TV互換)
メーカー拓洋興業
定価ダウンロード版 2,469円
ダウンロード版入手先PlayStation Store

アクセシビリティ情報簡易表記

  1. 主人公込みフルボイス
  2. 主人公の一部モノローグにボイスあり
  3. メニューカーソル移動等、ユーザーインターフェイスに効果音あり
  4. PS2版には振動演出あり


概要

途中出現する分岐を選びながら複数あるエンディングへの到達を目指すアドベンチャーゲームである。

女子高生である主人公の日常がコミカル且つ丁寧に描かれた本作は、主人公ボイスの実装で、結果視覚を用いずプレイ可能となったタイトルのひとつである


ストーリー

春。もうすぐ桜が咲きそうな季節、私は母の墓標のある南青瀬に帰って来た。 父の仕事がようやく一段落したのだ…。 長く転々とした生活を送りつづけた私の生活が終り、これから弟と3人、南青瀬での生活が始まる。

冬。クリスマスが近づく12月。 天鳳高校の旧校舎の取り壊し供養として天鳳会(てんほうえ)が行われる。 その文化祭とも違う独特の行事に浮かれる生徒達が、さまざまな催し物の計画を進める。

私も同じクラスの匣くんや、委員長の沢登先輩と共に風紀委員として準備に参加していた。 そんな何時もと変わらない日だった、父が事故で病院に搬送されたと聞かされたのは…。

結果として父は交通事故で、数日間の入院を余儀なくされた。 医者が言うには、その程度で済んだのは奇跡的と言って良い事故だったらしい。

そんな父の入院に必要な衣類を探す為に、押し入れを整理していた時に見つけたのだ。 この翡翠のペンダントを…。

そう、今にして思えば、これが始まり。 この翡翠のペンダントを見つけた事から全ては始まったのだと思う………。

※公式サイト内ストーリーページより引用


視覚補助情報

以下、PSP版の動作について記す。(PS Vita VitaTVについても同様)


ソフトウェアの起動からタイトル画面まで

初回起動時はシステムデータの作成を問われる。

2度目以後の起動では、ソフト起動直後にシステムデータの読み込み完了を示すダイアログが表示されるので、丸ボタンを押す。

しばらくの後、オープニングムービーが再生される。

このムービーを見終わる、あるいはスタートボタンを押すことでタイトル画面へ移動可能。


タイトル画面

スタートボタンを押すことでタイトルメニューが出現

以下の順、上下循環あり。


  1. 最初から
  2. 続きから (カーソル初期位置)
  3. クイックロード
  4. 環境設定
  5. おまけ

物語を最初から始める方法

タイトルメニュー表示以後、次の手順

  • 丸ボタン
  • スタートボタン
  • 丸ボタン

これで、主人公ボイスあり、デフォルトネームでスタートする。


ゲーム中の操作方法

ゲーム開始以後、四角ボタンを押すことでオートモードを有効化できる。 *1

四角ボタンを押す毎にオートモードのOn/Offが交互に切り替わる。


選択肢

上下で移動、丸ボタンで決定。上下循環あり。

選択肢表示直後は何も選ばれていない状態。


ゲーム中メニュー

スタートボタンで表示可能。上下循環あり *2

項目は以下の通り。

  1. クイックセーブ (カーソル初期位置)
  2. クイックロード
  3. セーブ
  4. ロード
  5. 環境設定
  6. 手帳を開く *3

なお、本メニュー表示中にスタート 丸でシステムセーブの後、タイトルへ戻ることが可能


ゲーム中、環境設定へのアクセス

ゲーム中、次の手順で環境設定メニューへアクセス可能

  • スタートボタン
  • 下 4回
  • 丸ボタン

環境設定

環境設定メニューの一覧は次の通り。

  1. 画面設定 (カーソル初期位置)
  2. 音量設定
  3. 音声出力設定
  4. 名前変更
  5. システムセーブ

画面設定

  1. 文字速度 最大値を推奨 右ほど速い。 *4
  2. 演出速度 (最大値を推奨)
  3. 自動再生速度 (最大値を推奨)
  4. 既読未読色変更 On/Off
  5. デフォルト

音量設定

  1. BGM音量 右ほど大きくなる *5
  2. SE音量
  3. 音声音量 (最大値を推奨)
  4. デフォルト

視力を用いない場合にあっては、BGMや効果音を適切に下げ、ボイス音量を最大とすることでプレイアビリティが確保される。


セーブ方法

ゲーム中に次の手順でセーブを行うことで、プレイ状況を保存可能。電源を切ってもデータが保持される。


  • スタートボタン
  • 下 2回
  • 丸ボタン
  • 丸ボタン
  • PSP標準セーブダイアログ出現 左側の「はい」を選び、丸ボタン
  • セーブ終了ダイアログを閉じるため、罰ボタン
  • 引き続き、システムデータのセーブ 丸ボタン
  • 再びPSP標準セーブダイアログ出現、左 丸ボタン
  • セーブ終了ダイアログを閉じるため罰ボタン
  • 4~5秒後、セーブファイル選択画面を閉じるため罰ボタン
  • ゲーム中のBGmが流れていた場合、ここで再生再開。メニュー画面を閉じるために罰ボタン

ロード方法(ゲーム中)

セーブデータをロードすることで、セーブした時の状況からプレイを再開可能。


  • スタートボタン
  • 下 3回
  • 丸ボタン BGMが消えて1秒後ほど、丸
  • PSP標準ロードダイアログ出現、左側の「はい」を選択
  • 罰ボタンを押してロード完了ダイアログを閉じる
  • 自動的にメニュー画面へ戻るので、罰ボタンでメニューを閉じてゲームプレイへ戻る。

ロード方法(タイトル画面)

タイトル画面表示後、次の手順でセーブデータをロードすることで、前回の続きからプレイを再開可能。


  • スタートボタン
  • 丸ボタン
  • 丸ボタン
  • PSP標準ロード確認ダイアログが出現 左側の「はい」を選び 丸ボタン
  • ロード完了ダイアログを閉じるため 罰ボタン

クイックセーブ

ゲーム中、一時的なセーブデータを作成する。ゲームを終了する、ゲーム機の電源を切る*6することでこのデータは失われるため、ゲーム終了の際には上記のセーブの利用を必要とする一方、選択肢の表示状態でクイックセーブを行い、そのデータで複数の選択結果を確認する場合などで役立つシステムである。


  1. スタートボタン
  2. 丸ボタン 3回
  • 罰ボタン (ゲーム画面へ戻る)

クイックロード

ゲーム中、クイックセーブで保存したデータを読み込むコマンド。クイックロードを実行するには、あらかじめクイックセーブを行う必要がある。


  • スタートボタン
  • 丸ボタン
  • 丸ボタン
  • 一度BGMが消え、ロードが行われる。BGMの再生が再開されたら 丸ボタン
  • 罰ボタン (ゲーム画面へ戻る)

総評

コミカルな描写を基本としつつ細やかで丁寧に構造された脚本で、良い意味で手軽にプレイ可能な世界観が構築されている本作。

ゲーム中はボイスの総量含め、視覚を要する場面が比較的少ないことから、本作は画面情報を用いないプレイにあっては安心して購入可能なタイトルである。 。

参考リンク


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/Little Aid?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊んだ 1  
システムが使いやすい 1  
全エンディングを見た 1  
あかりちゃんが良いキャラをしている 1  
生徒会の雰囲気が面白い 0  
友人の女子2人が面白い 0  
ヌイナイコンビが面白い 1  


*1 オートモードをOnの状態でセーブしたデータで再開した場合、ロード以後自動的にオートモードがOnとなる。
*2 本メニューの表示時には効果音が鳴らないため注意されたい
*3 ゲーム最初は表示されておらず、ゲーム序盤に出現
*4 カーソル移動音は継続されるが、カーソルは端で突き当たる仕様である
*5 カーソル移動音は継続されるが、カーソル移動は端で突き当たる
*6 端末のスリープではなくシャットダウン

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-14 (金) 04:27:19 (10d)