プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!


ジャンルおしゃれデザイン&リズムアクション
対応機種3DS
開発株式会社シンソフィア
販売株式会社タカラトミーアーツ

|~ダウンロード版/体験版入手先|任天堂ソフトウェアカタログ


アクセシビリティ情報簡易表記

  1. ミス時のシステムSEにより視覚を用いない状態での譜面の把握が可能
  2. 視力を用いずスタッフロールへの到達、全楽曲出現が可能
  3. メニュー画面へのシステムボイスの実装
  4. ストーリーモードのボイス 無し


概要

アーケードゲーム、及びTVアニメで展開されている『プリパラ』の3DS版。

プリパラとは、「プリチケ」と呼ばれるチケットでログインすることで誰もがアイドル活動を行え歌や踊りを楽しめ、一方観客として他アイドルのパフォーマンスを楽しむことも可能である仮想空間、及びその空間を運営、動作させるシステムの総称である。

アーケードゲーム版においてはプレイヤーの分身となる「マイキャラ」を作成しコーデやライブ(リズムアクション)をプレイし、アニメ版はこの仮想空間と作中現実世界を舞台に物語が展開される構造となる。

本3DS版のジャンルはリズムアクションとなり、楽曲のリズムに合わせて特定のボタンを押すものとなるが、ゲーム序盤よりプレイする楽曲は全て最低難易度で設定されているため、どのボタンを押してもリズムが合っておれば正解となる動作となる。そのため、下記ゲーム部分のプレイ方法の把握と合わせて楽曲のリズムを把握することが重要となる。


視力を用いず本作がプレイ可能である要素

  1. ボタン操作対応
  2. 各所に実装されたシステムボイスによる案内
  3. おしゃれデザイン、所謂コーデの要素は利用が任意
  4. リズムアクションパートにおいて譜面のない場所でボタンを押してもミスとならない仕様
  5. リズムアクションパートでミスをした場合は、そのことが専用の効果音で示され、次回以後のプレイの参考となる

システムボイスの仕様

本作はタイトルメニューをはじめ、多くの箇所へシステムボイスが実装されている特徴を持つ。

その詳細について述べる。

  1. システムボイスが実装されているメニューの場合、方向キーでのカーソル移動時、フォーカスが当たった項目を読み上げる
  2. 自由に曲を選んでプレイできる『TVライブ』において、曲選択画面ではその曲名が読み上げられる。

マイキャラ作製とニックネーム入力

モードセレクト画面からアイドルグランプリストーリーを開き、プロローグを読み進めるとマイキャラ作成画面へと移行する。

マイキャラ作製は次の順に進む。

  1. 顔のタイプを選ぶ
     顔と声が対応しており、ここはマイキャラの声を選ぶ場面ともなる。
  2. ヘアスタイル選択
  3. ヘアカラー選択
  4. ニックネーム入力

ニックネームの入力方法

ニックネームの入力場面のみ、3DS本体システムソフトウェア附属のタッチキーボードを用いる。

当該画面では下画面中央周辺を押して何らかの文字を入力後、画面右下端にあるエンターキーをタッチすることで先へ進むことが可能。

その跡、再度Aボタンを押すことで入力完了となる。


アイドルグランプリストーリーのクリアに向けて

アイドルグランプリストーリーを順にクリアすることで、TOPの「いますぐプリパラ」でプレイ可能な楽曲が増えていく。

グランプリストーリーは本筋をクリアするのみでは先へ進めなくなり、その場合はキャラクターの個別ストーリーである「アイドルとなかよしストーリー」をクリアすることでメインストーリーを先へ進めることが可能となる。


「アイドルとなかよしストーリー」の開き方

  1. モードセレクト画面から「アイドルグランプリストーリー」を開く。
  2. 「今日はどこに行く?」とシステムボイスが出力されたら十字キーにより上下左右へ移動することで目的のキャラクターを選択する。*1
  3. 初めてプレイするシナリオは、この状況でAボタンを2回押すことでデモシーンがスタートするのに対して、プレイ済みのシナリオはAを三回押すことでデモシーンがスタートする。この応用で、Aを2度押してもシナリオが始まらなかった場合、そのシナリオはクリア済みであると解釈できる。

セーブ方法

各モードをBボタンで抜けて、モードセレクト画面へ戻るタイミングで自動的にセーブされる。

セーブ中であること、セーブが終わったことはそれぞれシステムボイスでアナウンスされる。

本作は一度シナリオデモに入ると中断しタイトル画面へ戻ることができないため、ステージを1つクリアしたらBボタンでのセーブを習慣づけておくと、高難度への複数のリトライや不意のバッテリー切れへの対策となる。


リズムアクションパートのプレイ方法

  1. 「リズムに合わせてボタンを押す」操作はプレイヤーキャラクターのシステムボイスにより案内された次のフレーズから曲のタイミングに合わせて任意のボタンを押す。正解であればパーカッション、もしくはハンドクラップが出力される。
  2. 曲の中盤で出現する「サイリウムチェンジ」は、プレイヤーキャラクターのシステムボイスによる案内のあった次のフレーズから任意のボタンを連打するギミックとなる。連打可能のタイミングは自動的に終了し、状況の変化は音で把握可能。
  3. 「3つのボタンを使う」高難度版譜面のプレイでは、Aボタン、Xボタン、Yボタンの3種を押し分けることとなる。*2

ミニゲーム「リズムでお天気予報」について

アイドルグランプリストーリー、キャラ個別ストーリーに関わらず、希にミニゲームをプレイするシュチュエーションがある。

その中の一つ、「リズムでお天気予報」について説明する。

これは、リハーサルの音声を聞き、それを覚え、対応するボタンを押すミニゲームである。

例えばリハーサルで「晴れ 時々 雨 でしょう」と言われた場合、最初に晴れ、後で雨に対応するボタンを押す動作を行う。

指示とボタンの対応は以下の通り。


  • 晴れ = Aボタン
  • 曇り = Xボタン
  • 雨  = Yボタン
  • 雪  = Bボタン

『ひびき』でプレイする方法

2016年11月11日、これまでアーケードゲームや雑誌の付録、劇場版パンフレット等に掲載された全ての『2じげんコード』が公式Webサイト上で公開された。*3

この読み取りによりプレイヤーキャラクターに『ひびき』を追加し、その個別ストーリーがプレイ可能となる。


ひびき個別ストーリー第4話を先へ進める方法

タイトルメニューの「マイサイリウムコーデデザイン」から、「かがやきプリンスコーデ」の型紙を用い、コーデを3着以上作ることで先へ進むことが可能。

マイサイリウムコーデデザインではコーデに用いる型紙選択を含め、全ての操作がシステムボイスにより案内されるため、一切視力を用いずに状況を解決可能。*4


アイドルグランプリストーリーを全てクリアした後に出現する要素

ひびき含め全てのストーリーを出現させ、且つ全てをクリアした際、アイドルグランプリストーリーでキャラクターを選ぶ画面でYボタンを押すことで特殊スタッフロールが閲覧可能となる。

楽曲含め、ストーリー本編エンディングのスタッフロールと異なる演出が施されている。


収録曲一覧

収録曲は以下の通り (並び順は「今すぐプリパラ」のTVライブの表示に準拠)

  1. GoGo?! プリパライフ
  2. トイトイ☆テイル
  3. ぎゃっぷりぷりっぷー
  4. クールスター
  5. ガムシャランホイ
  6. 放課後ハートフルダッシュ
  7. morning
  8. ハロハロフレンズ
  9. トモチケこうかんダンス「パキら~ろ」
  10. ドリームパレード
  11. ピュアリ☆スマイリィ
  12. ラッキー!サプライズ☆バースデイ
  13. エビバデビル♪エブリデビル
  14. 地球が恋するうたうたい
  15. トンでもSUMMER ADVENTURE
  16. ブライトファンタジー
  17. GoGo?! プリパライフ (ドレッシングパフェVer)
  18. クールスター(コスモVer)
  19. GoGo?! プリパライフ (アゲアゲver)
  20. トイトイ☆テイル(アゲアゲver)
  21. ぎゃっぷりぷりっぷー(アゲアゲver)

その他、ランウェイライブとしてメドレーが4曲プレイ可能となる。


視力を必須とする箇所について

  1. ストーリーモードの台詞部分の読解
  2. 2じげんコードの読み取り

総評

充実のシステムボイスにより整えられたメニュー周辺のガイドにより、ストーリークリア語は安定して、1作のリズムアクションゲームとして快適にプレイ可能な本作。

中でもキャラクターをフィーチャーしたシステムボイスの演出が、結果として視力を必要としない状況を現出した事実は大変興味深く、その実例として本作の存在は大変貴重と考えられる。

また、リズムアクションゲームの中にもノーツの目視が必須なタイトルが少なくない中で、本作はこれも偶然なれど、視力を一切用いずプレイ可能なルールとして成立していたこともあり、視力障害の有無にかかわらず、広く楽しめるタイトルであると言える。

本作に実装された要素の多くが次作である『プリパラ めざめよ!女神のドレスデザイン』へ引き継がれたことで、同作も視力を用いずプレイとクリアの可能なタイトルとなった。


関連リンク

  1. プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1! | ゲーム | プリパラ | スペシャルサイト | タカラトミーアーツ
  2. 「プリパラ」 | バンダイチャンネル (アニメ版シーズン1 第1話を一部スクリーンリーダーと音声ブラウザにより視聴可能。音量調整、早送り/巻き戻しへ対応)
  3. プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1! | 良藝館

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
体験版を遊んだ 1  
製品版を遊んだ 1  
リズムアクションパートで流れる楽曲の音質が良いと感じた 1  
最初はボタン一つのみでのリズムアクションであり、どのボタンを押しても正解となるため気軽にプレイできた 1  


*1 その際カーソルの当たったキャラクターの台詞(複数パターン)により、選択中キャラクターの判定が可能
*2 ストーリーモードの場合はクリアできるまでリプレイが可能なため、トライアンドエラーによりリズムに合わせて上記3種のボタンを不明であった箇所で都度異なるものを押すことで正しい譜面の把握が可能
*3 コードの読み取りに視力を必要とする
*4 コーデ完成後、名前入力となる場合はタッチ操作となるため注意されたい。プレイヤーネーム入力画面と同様、画面右下が決定ボタンとなる

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-26 (日) 10:42:00 (910d)