知育系パズル**アップルツイスト

ハードボードゲーム
ジャンル変形・穴埋めパズル
梱包内容ゲームボード、芋虫ピース3、英語説明書、日本語説明書


ゲーム概要

穴の開いたリンゴ型のボードに、3匹の芋虫ピースを配置するゲームである。虫ピースは球をくっつけた団子のような形状をしており、ねじのある球を軸に変形させることができる。ボードは五つの部分に分かれ、各部ごとに表裏を組み替えることで変化する穴の配置を理解し、全ての虫を穴にきちんとはめられたら成功である。

ゲームセットには、60問のチャレンジ問題が付属するが、それ以外に、問題集を使わない問題が32問あり、視力必須要因が軽減された製品である。また、ボード本体やピースも、紛失しない程度に小型軽量なため、ポケットに入れて持ち歩くことも可能であり、どこででも遊べる特徴を有する。

なお、本製品は、2022年5月現在、すでに一般店舗での入手が難しくなりつつあるため、興味のある場合は購入機会を逃さぬよう注意されたい。


ボードについて

ボードは りんごを縦に薄く切ったような形をしており、さらに5段の横長パーツに分かれる。このパーツは、左右方向に回転させることにより、表裏を切り替えることができる。 表側のパーツの左上には1から5、裏のパーツの左上にはAからEの文字が円の中に書かれている。ただし、文字が小さく、凹表示のため、触知しにくい場合は、日本点字図書館で販売されている透明突点シールを、各段の表側プレートの左側面に貼るか、点字シールなどを、その行の穴の開いていないところに貼ると良いだろう。 下にボードの形を穴は「穴」、穴の無いところは「空」として示す。

ボード配置
1空、穴、穴、穴、穴
2穴、穴、空、空、穴
3穴、空、穴、穴、穴
4穴、空、穴、空、穴
5空、穴、穴、穴、穴
A穴、穴、空、穴、穴
B穴、穴、穴、穴、空
C穴、穴、穴、空、穴
D空、穴、穴、穴、穴
E穴、空、穴、穴、穴

ピースについて

虫ピースは、団子が五つ、または六つくっついたような形状で、津野が生えている球が顔となる。 球によっては、お腹側にねじのあるものがあり、触知が可能。

このねじ球を軸に、前後の球を左右方向に90度、または0度に屈曲稼働させることができ、ボードの穴の配置に適合するよう変形させる。

下にピースの色と構造を記す。

各球には、顔を1とした通し番号をふり、構成する玉数、ねじ球の番号を記す。

球数、ねじ玉の位置
黄色5個2、3
6個2、3
6個2、4

チャレンジ問題を使用しない遊び方

前述したように、このゲームには、チャレンジ問題を使用しなくても、ボードパーツの表裏を組み替えて32種類の問題を楽しむことができる。 作ったボードの穴に、3匹の芋虫を全てはめることができたら成功である。 ボードをどんな組み合わせにしても、3匹全てはまるようになっているので、屈曲を駆使してプレイを行う。 なお、難易度的には、表面より裏面のほうが高く、裏面にする階層が下に行くほど上がる傾向にあるので、それをヒントに組み合わせていくとよいだろう。


チャレンジ問題を使用する遊び方

ボードの表裏面を、付属の問題集で指定されたように設定し、全ての芋虫ピースを配置する。 白と表記されている場所にはどのピースの顔が配置されるか考える。 問題1のように、芋虫ピースの配置場所の指定が無い場合は、自由に配置できる。 問題2から4では、1匹がはまった状態となっており、残る2匹を配置する。 チャレンジ問題の答えは1とおりである。


表の見方

表は色事に、顔の指定位置を、上から何行目の左から何番目というように表し、このとき-記号を使用するため、記号読みをオンにしておくか、1文字読みを活用されたい。

問題2から4では、顔と胴体の位置が示されているものもあるため、これについては顔の部分は、顔と表記する

例…黄色 顔3-4と書いてある場合は、黄色ピースの顔を上から3行目の、左から4番目にはめるということである。

それ以外の問題で示された座標は、全て顔の位置である。

なお、後半の高難易度レベルでは、問題ごとにボードの組み替えを要するため、ボードの表裏を「ボード」、芋虫ピースの指定位置を「顔」として、2項目に分けて掲載する。


チャレンジ問題

スターター

ここではボードの配置を1、2、C、4、Eにセットして行う。

問題黄色
問題1黄色 、、、、緑 、、、、、青 、、、、、
問題2黄色 顔3-3、4-2、5-2、5-3、5-4緑 3-2青 1-1
問題3黄色 3-2緑 3-4青 顔4-3、3-3、4-2、5-2、5-3、5-4
問題4黄色 1-1緑 顔1-2、1-3、1-4、2-3、3-4、4-3青 3-2
問題5黄色 2-2緑 3-4青 4-3
問題6黄色 3-3緑 2-1青 4-2
問題7黄色 3-4緑 1-1青 3-2
問題8黄色 5-4緑 1-1青 4-3
問題9黄色 3-4緑 2-1青 4-2
問題10黄色 1-2緑 3-2青 4-3
問題11黄色 2-2緑 3-4青 3-2
問題12黄色 2-1緑 5-3青 4-1
問題13黄色 2-1緑 5-2青 4-2
問題14黄色 1-3緑 1-1青 3-2
問題15黄色 2-1緑 5-2青 4-2
問題16黄色 5-1緑 2-1青 2-3

ジュニア

ここではボードを1、B、C、D、5と配置して行う。 さらに白の指定が出てくる。

問題配置1配置2配置3
問題17黄色 2-4緑 3-3白 5-1
問題18黄色 4-4白 2-1白 5-4
問題19緑 3-4白 2-1白 2-3
問題20青 4-2白 3-1白 3-3
問題21白 4-2白 4-3白 5-2
問題22白 2-1白 5-3白 5-4
問題23白 1-2白 1-3白 4-3
問題24白 1-4白 2-1白 5-1
問題25白 2-1白 2-4白 4-2
問題26白 3-3白 4-3白 5-1
問題27白 2-4白 3-1白 5-1
問題28白 2-2白 3-2白 3-4
問題29白 2-1白 2-4白 4-1
問題30白 1-1白 1-4白 3-4
問題31白 1-4白 4-1白 5-1
問題32白 1-2白 3-3白 5-1

エキスパート

ここからは問題ごとにボードの配置も変わり、白いピースのみの指定になる。 白いピースの指定は2個以下になり、残りのピースの置き場所は自分で考える。 白いピースは顔と表し、指定の無いときは/と表す。

問題ボード
問題33ボード A、2、C、4、E顔 2-2、3-2
問題34ボード 1、2、3、4、E顔 1-2、4-3
問題35ボード A、2、3、4、5顔 3-3
問題36ボード A、2、3、D、5顔 5-2
問題37ボード A、B、C、4、E顔 3-2
問題38ボード A、2、3、4、E顔 2-2
問題39ボード A、2、3、D、5顔 5-4
問題40ボード 1、2、C、4、5顔 3-4
問題41ボード 1、B、3、4、E顔 2-3、5-4
問題42ボード 1、B、3、D、5顔 1-1、2-1
問題43ボード 1、2、C、D、5顔 2-3、5-4
問題44ボード 1、B、C、4、5顔 1-1、4-2
問題45ボード 1、B、3、4、5顔 4-1
問題46ボード A、2、3、D、5顔 /
問題47ボード A、2、C、D、E顔 4-3
問題48ボード A、B、C、4、5顔 4-2

マスター

問題ボード
問題49ボード A、2、C、4、5顔 /
問題50ボード 1、2、3、4、5顔 /
問題51ボード A、B、C、D、E顔 /
問題52ボード 1、2、3、D、E顔 /
問題53ボード A、B、3、4、E顔 3-2
問題54ボード A、B、3、4、5顔 /
問題55ボード A、2、C、D、5顔 4-1
問題56ボード A、B、C、D、5顔 1-1
問題57ボード 1、B、3、D、E顔 3-2
問題58ボード 1、2、C、D、E顔 4-1
問題59ボード A、B、3、D、E顔 /
問題60ボード 1、B、C、D、E顔 2-4


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-21 (土) 15:20:43 (4d)